投資信託について、外国債券や株365債券投資など、魅力についてまとめてみました。

投資信託の魅力、これから始めてみようと思った時に

最近の投稿

ヤマゲン証券(旧 NIS証券)の評判と資産運用について

投稿日:

将来に不安を持つ人が多くなっている日本では、若いうちから資産運用を考えている人が少なくありません。
資産運用先は、人によって様々ですが、証券会社を利用している人も多いです。

証券会社には、それぞれ特長がありますが、経験豊富なベテランの営業マンによる対面営業に特化した株式取引で評判となっているのが、ヤマゲン証券(旧 NIS証券)です。
ヤマゲン証券(旧 NIS証券)は、昭和23年3月に設立され、同年の8月に証券業者として登録されています。
平成17年4月に本社を東京に移転して、平成21年3月にヤマゲンホールディングス株式会社を設立して株式を取得しています。
ヤマゲン証券(旧 NIS証券)は、株式取引、先物取引、オプション取引、外国債券、投資信託、外国株など、幅広く取り扱っています。
最近は、先物取引やオプション取引に興味を持つ人が増えています。

先物取引とは、将来の売買について、ある価格での取引を保証するものです。
株式取引では、企業が存続している限り株式を保有することが可能ですが、先物取引は期限が来ると自動的に決済されます。
先物取引は売買の契約ですが、オプション取引は権利の取引となります。
先物取引もオプション取引も、知識が豊富なアドバイザーがいると安心して取引を行うことができます。
ヤマゲン証券(旧 NIS証券)では、顧客の要望にスピーディに応えられるように、営業員サポートグループを設置しています。

営業員は、最新の情報機器を備えており、万全のサポートを心がけています。
インターネットの普及により、日本では個人投資家が増えています。
パソコンと通信環境さえあれば、誰でもネット取引が簡単に行えるため、若い人から高齢者まで、多くの個人投資家がネット取引を利用しています。
しかし、その一方で、投資について悩んでいる人も少なくないのです。

ネット取引を利用して個人で投資を行っていると、情報が多すぎて選択に迷う人もいます。
そのような場合、経験豊富なアドバイザーがいると、心強い味方となるのです。
ヤマゲン証券(旧 NIS証券)では、対面営業に徹した株式取引に力を入れています。
直接会話をする中で、信頼関係が育ち、深くコミュニケーションを取ることができます。様々な手法を駆使して投資ができるように、きめ細やかなアドバイスを提供しています。

保護預かり口座管理料は無料となっています。
ヤマゲン証券(旧 NIS証券)では、口座開設については原則として既存顧客などからの紹介のみとなっています。"

-最近の投稿