投資信託について、外国債券や株365債券投資など、魅力についてまとめてみました。

投資信託の魅力、これから始めてみようと思った時に

最近の投稿

三田証券の評判と資産運用について

投稿日:

三田証券株式会社は1949年の創業以来、伝統的な株式取次業を中心に事業展開してきましたが、1996年の金融緩和(いわゆる金融ビッグバン)を契機にビジネスモデルの大転換をはかり現在では独自の金融関連サービスを展開しています。
顧客のニーズは多種多彩、一人として同一のものはありません。三田証券は顧客の個別の事情について詳細に分析し、各顧客ごとに適合した資産運用や資金調達の方法をパッケージにしたテーラーメイド型のサービスを提案しています。そのような幾多の多彩なニーズについて常に向き合うなかで、経験を蓄積し実績を積み上げ、独自のノウハウを開発することで類例のないサービスを提案する現在の業務形態が形成されてきました。

三田証券はこのようにビジネスモデルは大きく変化した今日においても、創業以来大切にしていることがあります。それは経営理念です。顧客には誠実に向き合い、少数精鋭でスピーディーな意思決定を常に忘れないことで最高のサービスを追求すること、ここに一切揺るがない経営理念が現れています。

このような理念のもと、三田証券の現在の業務は、ウェルスマネジメント業務と投資銀行業務、ディーリング業務を中心にして展開されています。特にディーリング業務では中小・中堅証券会社のなかでトップクラスの実績を上げシンガポールにもリーディングルームを設置しています。2016年には債券リーディングにも進出し順調に業務を拡大しています。投資銀行業務では、大手金融機関が取り扱わない中小の企業やニッチな案件を得意にしています。中小の事業承継やM&A案件では、豊富な実績に基づいた総合的なソリューションを提案しています。

個人の顧客との関連では、ウェルスマネジメント業務を富裕層の個人を対象にサービスを提供しています。独立系証券会社として高い評判を得ており、何代にもわたって付き合いのある顧客も少なくありません。この業務では資産運用に止まらず、税金対策も含めた相続貸借や、オーナー交代に伴う円滑な事業承継対策など、顧客の必要とするニーズは多岐にわたり微妙な調整を必要とします。

特に超高齢化社会に突入した今日の日本にあっては、事前に相続対策を検討する時間的猶予が残されている場合が多く、実際にどのような対策をとるべきか困難な事態に直面する方は少なくありません。三田証券ではこのような問題についても、適切な対応策を提示することができます。
三田証券は今後も顧客に対して、つねに誠実に向き合い最高のサービスを追求し続けます。"

-最近の投稿